当社の取り組みについて

私たちは、電気通信事業者/システムインテグレーターとして、様々な企業に対してITの支援活動を行ってきました。
そこで蓄積した経験とノウハウを、今度は社会貢献にも活かしたいと考えています。

インターネット関連サービスの最大手のグーグルは、G SuiteやChromebookといったビジネスソリューションを、教育機関や非営利団体、政府機関に向けて提供しています。
これらを活用したシステムは、従来のIT技術の利用に比べて 導入/運用コストを驚くほど軽減する事が可能です。
しかし「ただ安いこと」だけが魅了ではありません。
世界最先端のIT技術を導入することで、団体の活動に素晴らしい変革をもたらすことが出来ると考えています。

G Suite for Nonprofits の利用には一切のライセンス料はかかりません。
Google広告の利用により、Google上に無料でウェブサイトを宣伝することが可能です。
YouTube の動画を通して、団体の活動内容や理念を伝えることができます。 
Google の地図作成技術を活用して、団体の活動地域を可視化して伝えることができます。 

これらを民間企業が利用すれば、ITの運用コストとして相当の費用がかかります。
(例えば、社員50名の
企業が、G Suite Basicを利用した場合、30万円/年間の費用となります。)

(要件を満たした)団体であれば、これらを無料で利用できます。
全職員と会員、ボランティア・スタッフまで含めた、全ての関係者にアカウントを発行することも可能になるのです。
これほど画期的な特典が、日本国内では(一部の教育機関 等を除いて)まだまだ浸透していません。
G Suite販売パートナーの多くは、G Suiteのノウハウを持っていながら、直接利益につながらない G Suite for Nonprofits を取扱い対象商品としていません。
Google社自体も、日本国内では このサービスを大々には啓蒙していません。(ライセンス提供自体が「有り余る社会貢献」と言えますが・・・)

私たちシステムインテグレーターが、その企業リソースを僅かに割く努力をすれば・・・
対象
団体が、こうしたサービスに対して もう少し関心を示して頂けるならば・・・
この状況はいつでも改善することが可能です。
私たちと一緒に、この素晴らしいクラウドサービスを活用したIT化の実現に取り組んでみませんか?
私たち自身も、そこから数多くの事を学べると考えています。
これらの実現のためには、対象団体私たち企業が新たな関係を築くことが重要であると考えています。

仕事は誰のために?

私たちは何のために働いているのでしょう?
自分のため? 家族のため?
営利目的であれ、ボランティアであれ、あなたの仕事は誰かの役に立っています。
仕事とはそういうものでなくてはなりません。
自分が動くことで、誰かに喜んで頂ける・・・
自分が1つ動くだけで、2つも3つも他人のためになる・・・
それが社会活動であり、そうした繋がり そのものが社会なのだと思います。
我々も そうした社会の一員として、地域に1つでも足跡を残すべく活動を続けて行きたいと考えています。  
【お問合せ先】
株式会社FASTER NPO支援センター
Eメール npo@faster.ne.jp